シャチハタが使えない

シャチハタイメージ

さて、シャチハタについての話です。
これまでは「シャチハタがなぜ制限されるのか」という理由について、考えてきました。

それは「シャチハタは、ゴム印なので…」という理由から来ています。
しかしシャチハタのゴム印でも、インクがにじみにくく、長期的な保存が可能というふうに、シャチハタの弱点は今や確実に改良されつつあるのです。

ではなぜここまで、シャチハタは、制限を受けてしまうのでしょうか。

調べてみると、次のようなお話を聞くことが出来ました。
どうやらシャチハタの印面が、やわらかい材質のゴム印で作られているということ以外には、一般的な印鑑・ハンコの代用品の代わりにはならない理由は、なくなりつつあるようです。

しかし、それでも、お給料を手渡しで受け取る場合は、シャチハタ以外の印鑑で受領書に捺印。
社内文書以外の公的な文書・書類に捺印する場合も、シャチハタ以外の印鑑で捺印。役所(自治体など)で印鑑登録の場合もシャチハタは不可。
銀行・金融機関で口座の引き落とし・預け入れをする場合もシャチハタは不可…。
どうやら、これは「長年の習慣」ではないかということです。

捺印を求める側が、まだそれを本格的に話し合ってはいないだけで、これからきちんと「改良されたシャチハタが、公的な場所で、捺印を認められない理由」について話し合いの場を持っていくようにすれば、改善されていくのではないでしょうか。
そういう場を持てる機会を、これからいかに提供していくかだと思います。

ページの先頭へ